​桐木目込み細工とは

日本でただ一軒、当社が考案した技法です。

桐の表面に鈴や瓢箪(ひょうたん)、蜻蛉(とんぼ)などの縁起物の

図案を施していきます。

数十種類の彫刻刀を使い図案を彫り、
和紙で裏打した正絹の着物地を木目込んでつくりあげる
美しく華やかな工芸品です。

桐木目込み細工
​筋彫り

図案の輪郭に沿って筋彫りをしていく

桐木目込み細工
​やげん彫り

​三角刀を使い溝を掘っていく

桐木目込み細工
​彩色

​三角刀で掘った溝に彩色していく

桐木目込み細工
​木目込み

​木目込みヘラを使い木目込みをしていく

桐木目込み細工
​さらい彫り

​立体的に斜めに彫り込んでいく

桐木目込み細工
​下地彫り完成
桐木目込み細工
​彩色完成
桐木目込み細工
​完成